納豆、Web、雑記など

陸と海の納豆が奏でる二重奏、二豊フーズの『あかもく納豆』

アカモク(学名:Sargassum horneri (Turner) C.Agardh)は、褐藻綱ヒバマタ目ホンダワラ科に属する海藻である。北海道(東部を除く)から日本全土の漸深帯(浅海)に分布し、朝鮮半島、中国及びベトナム北部にまで分布する アカモク - Wikipediaと、このよ…

たべきりサイズでふんわりモチモチ、小金屋食品の『糸物語 国産大粒』

わたしの同僚は毎週のように週刊の漫画雑誌を買ってきて、わたし自身も漫画が好きなのでよく読ませていただいているのですが。最近、少年マガジンで「化物語」が連載しています。西尾維新原作「化物語」。漫画は「エア・ギア」の大暮維人。西尾維新さんの作…

豆紀さんの『北の鈴』と、日本の原風景広がる快適な道「国道162号線」

ゴールデンウィークも最終日、みなさんどこかに行かれましたか?わたしはもっぱら仕事です。まあ、一日ほど休みをもらい、ドライブなどに出かけましたが。個人的にどこかに出かけるのが好きなので、休日は車や電車などで外出することが多いです。出来ればま…

アメリカ産有機大豆の美味しい納豆、高橋食品さんの『有機納豆』

オーガニック(organic )とは「有機の」などの意味ですが、日本では「化学肥料や添加物などを使っていない」という意味で使われていと思います。それがひいては「自然な」という意味やイメージにつながっているようなのですが、そんなオーガニックな有機栽…

小杉食品の『福豊納豆』と、いまさらながらの桜の写真

もう半月ほど前の話ですが、京都に桜を見に行きました。その途中、成城石井に寄ったのですが、そこで買った納豆が今回ご紹介する納豆です。あの「おちびさん」で有名な、都納豆こと小杉食品さんの納豆。三重県産フクユタカを使った福豊納豆です。

相沢食産の『枝豆納豆』と、最近は納豆を400回混ぜて食べています

枝豆と大豆が一緒の豆だというのは、けっこう有名な話です。大豆が未成熟な時に収穫したものが枝豆で、枝豆が十分成熟したものが大豆ですよね。さて、納豆の豆は大豆が多いのですが、同じ種類である枝豆でも理屈で言えば当然、納豆になれるはずです。このよ…

しそのりタレ付きの食べやすい納豆、アドバンスの『しそのりタレ付き国産納豆』

アドバンスさんは関西一円で多くの店舗を展開している万代でしか置いていない納豆を作っているメーカーさんです。以前、こちらの記事でも紹介しています。そのアドバンスさんは以前はひきわり納豆しか無かったのですが、ついに新しい納豆を見つけました。そ…

相性抜群のロングセラー商品、あづま食品さんの『おろしだれ納豆』

納豆にはだいたいカラシが付いていますが、このカラシには納豆の臭みを抑える効果があります。つまり食べやすくなる。このような工夫は昔からあります。というのも昔の納豆は今よりかなり臭かったようです。なので「納豆を食べやすくする」という工夫は昔か…

初めての味わいの美味しい納豆、京都の牛若納豆さんの『わら納豆』

今週「メシ通」さんは納豆ウィークで、各曜日おいしそうな納豆料理を紹介していました。わたしとしては非常に楽しくお腹を空かせながら拝読していました。それに触発されて、わたしも何か納豆料理をブログでアップしようかな?と思ったのですが、調べてみた…

文字通りしっかりした歯ごたえの納豆、美味安心の『しっかりはごたえ納豆』

関西には近畿日本鉄道、いわゆる「近鉄電車」や「近鉄」と言われる大手私鉄があるのですが。その親会社である近鉄グループの一員に「キンショー」というスーパーマーケットがあります。大阪と奈良、京都の近鉄沿線に主に展開しているキンショーは、ある意味…

本格的な味わいの大粒納豆、大友商事の『なっとうや納豆大粒』

「パントリー(Pantry)」というお店があります。「パントリー&ラッキー(Pantry & Lucky)」とも言ったりします。こちらは関西の百貨店の地下食品売り場などによくあるスーパーマーケットで、ちょっと高くて品質の良い商品を取り扱っているお店です。わた…

もちもち食感の大粒納豆、あづま食品の『北海道大粒』

日本の納豆業界で、トップ3社は次の三つだと聞いています。 タカノフーズ(おかめ納豆) ミツカン(金のつぶ) あづま食品 カッコ内は代表的な納豆のブランド名で、メーカー名を知らなくても納豆の名前の方は知っている人も多いと思います。実はこの上位2社…

大阪のご当地納豆、山口食品の『東能勢村 小粒わら納豆』

ずいぶん前ですが、わたしの思い出の味として山口食品さんの「やわらか納豆」を紹介したことがあります。あれから二、三回この「やわらか納豆」を見たのですが、それ以外の山口食品さん納豆を見ることがありませんでした。ところが今回、ようやく「やわらか…

小金屋食品の『The・逸品納豆』と、大阪の日帰り温泉「湯快のゆ 寝屋川店」

以前も書きましたが、わたしは納豆と卵の組み合わせがけっこう好きです。ひとつは前述の記事に書かれているように、子供の頃から食べ慣れた味であること。あと、昔に旅行かどこかで食べた記憶がある納豆に、感激したという思い出もあります。そこに出てきた…

しか屋の『福ユタカ』と、国道26号線の「第二阪和国道」

関西で「シカ」といえば奈良の鹿を連想してしまいがちですが、納豆で「シカ」といえば鹿児島の納豆屋さんの「しか屋」さんです(笑)以前、日本全国納豆行脚の妄想の記事を書いた時に全国の納豆屋さんを調べたのですが、いやはや全国には美味しそうで素敵な…

村田商店の『道祖神納豆』が、ご飯とよく合って美味しかったという話

いつもは土・日に納豆関連の記事を一つは書くようにしているのですが。今週は非常に忙しく、書く暇がありませんでした。でも、今まで週に一回は記事を投稿するペースを守っています。できれば、それは切らしたくない。なので、少々短いのですが、今回は納豆…

碓井商店の『弁慶納豆 小粒』と、びっくりした話

今回紹介する納豆は弁慶納豆。以前に紹介した事もあります。前回は大粒。今回は小粒です。大粒を紹介した記事は、長い休止期間を経てから再開一発目の記事です。思い出深い記事でもあります。しかし、改めて読み返すと説明が雑っ! いやはや、良い思い出です…

奥野食品の『東京納豆のひきわり納豆』と、豆紀の『国産中粒しそのり納豆』

あけまして、おめでとうございます。お正月は、いかがお過ごしでしょうか?わたしは例年通り、初詣などで過ごしておりました。もちろん、納豆も食べましたよ(笑)

高橋食品の『大納豆』と、今年最後の記事

今年ももうすぐ終わります。本年度もいっぱい納豆を食べました。このブログを書いているせいもあって、いつもは旅先程度しか買わなかったご当地納豆を、近頃では意識して買うようになりました。おかげで美味しい納豆にいっぱい出会いました。まだまだ納豆は…

ミツカンの『金のつぶ サラダをおいしく!ごま醤油たれ』と、大阪の日帰り温泉「虹の湯 大阪狭山店」

当ブログで紹介している納豆は、全国のスーパーでどこでも見かけ、手軽に買えるというものは少ない(はず)です。逆に全国どこでも売っている納豆、つまり納豆業界でもトップの売り上げ・シェアがある納豆メーカーを、個人的にはメジャー・ブランドやトップ…

カジノヤの『黒まめ納豆』と、奈良葛城の日帰り温泉「かもきみの湯」

以前、かじのやの麦納豆を紹介しましたが、あの納豆を買ったのはららぽーと和泉の中にある産地直売所です。カジノヤさんは関東の方の納豆屋さんなので、関西方面ではあまり見かけません。それなのに、またまた見つけてしまいました。それも以前とは違うもの…

麦の郷の『手作り納得納豆』と、産地直売所「よってって」

こちらの記事でも少し触れていますが、納豆の年間消費量が全国でも歴代的に低い県が和歌山県です。そのせいかどうかは分かりませんが、和歌山県のご当地納豆というのが非常に少ないように感じます。今まで食べたことあるのは、豆紀さんの納豆と弁慶納豆の2社…

寺田商店の『だいぶつなっとう』と、産地直売所「めぐみの郷」

ついに来ました。今まで山崎商店の「大佛納豆」、近藤豆腐店の「大仏納豆」と紹介してきました。 納豆の市場規模が過去最高の2140億円になったニュースと、山崎商店の『大佛納豆』 近藤豆腐店の『大仏納豆』と、大和郡山の「イオンモール大和郡山」 “だいぶ…

小金屋食品の『本格納豆』と、大阪の道の駅「愛彩ランド」

以前、小金屋さんの黄金納豆を紹介したことがありますが、今回も同じ製造元の納豆です。前回が少し高級な納豆だとしたら、今回はお値打ち版といったところです。量と値段的に黄金納豆よりお求めになりやすい。だからといって質が良くないという分けではあり…

竹之下フーズの『丹念納豆』と、納豆とご飯をしっかり混ぜた美味しさを再確認した話

百貨店の食料品売場は楽しく感じる、食いしん坊な“わたし”です。スーパーでは見ないような、ちょっと高めの食料品は見るだけでウキウキします。そして1番の目当ては当然納豆。今回はそんな場所で出会った納豆、竹之下フーズの丹念納豆を紹介します。

関西圏のスーパー mandai(万代)と、アドバンスの『ひきわり納豆』

身近なものって気づきにくいものですよね。以前はそんな話でマルキン食品さんの元気納豆をご紹介しています。わたしは生まれも育ちも住んでいる所も関西です。関西以外に住んだ記憶は今のところありません。その関西で有名なスーパーと言えば、スーパー玉出…

小杉食品の『都納豆』と、奈良にあったイオン系DS「ザ・ビッグ エクストラ」

納豆は、メーカーによって「これぞ、このメーカーの納豆」という納豆があります。ミツカンなら「におわなっとう」、タカノフーズなら「おかめ納豆」てな感じです。そのメーカーの『顔』とも言える納豆。看板商品。いわばフラグシップモデルとも言えるもので…

豆紀の『きのこだれ納豆』と、岐阜の日帰り温泉「湯の華アイランド」

秋です。秋といえば何でしょうか?スポーツ?読書?わたしは、食欲です(笑)秋と食といえば何でしょう、そうですキノコです。そしてキノコと言えば、豆紀さんの「きのこだれ納豆」です。

小金屋食品の『黄金納豆』と、納豆に山椒を入れることにハマっています

世界共通で価値があるもの、それは「金」です。金は美しく黄金色に輝きます。その色自体にも価値があるように感じます。つまり黄金色には、高級な感じといった特別を感じるわけですよ。そんな黄金色に輝くたれが付いた納豆が大阪にはあります。それが小金屋…

近藤豆腐店の『大仏納豆』と、大和郡山の「イオンモール大和郡山」

以前、大佛納豆のことを書いたのですが、その記事で「だいぶつ」という名前の納豆は複数あることを書きました。正確には三つの「だいぶつ納豆」があるようで、次の三つです。 寺田商店の「だいぶつなっとう」 近藤豆腐店の「大仏納豆」 山崎商店の「大佛納豆…