読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

納豆、Web、雑記など

「私がブログを書く理由」と、心に留めておきたいこと

わたしはブログを初めて、まだひと月もたっていませんが、今週のお題「私がブログを書く理由」を書いてみます。

というのも、このような記事を書けば、ブログを始めようかどうか悩んでいる方へ、何らかの参考になるかもしれないからです。

もっといろんなブログが増えて、それを読んで私自身が楽しみたい、という欲求も裏にはありますが。

私がブログを書く理由

わてしがブログを書く理由、それは「コンテンツの1つになる」ということです。

わたしはインターネットが好きです。

非常に便利で、数多の情報があり、知りたいことがあれは簡単にその答えを知ることができます。

自由であり、正義であり、悪もあり、綺麗も汚いも、何でもかんだもごちゃ混ぜな、清濁併呑なとこも好きです。

全てのコンテンツは、見ず知らずの誰かが作っている

そしてそれらブログ・サイト・ツイッター・まとめサイトなどなどは、これら全て、どこかの誰かが作ったものです。

つまり、"私"にとって便利なものであるそれらは、他の多くの人たちによって作られたものなのです。

それらの中には夜遅くまで読み漁るような時間泥棒もありました。嫌悪するようなもの、くだらないものもありました。考え方や人生を大きく変えるキッカケになるものもありました。

そして、それらを利用している時に、「これを知らなかったら今の自分はないな」という考えが浮かんだのです。

自分も作りたいという衝動

すると、自分も、わたし自身が利用してきたコンテンツのように、自分自身も誰かの何かになるコンテンツを作りたいと思ったわけなのです。

恩返し、と言うのは詭弁ですが、自分が理由してきたインターネットのコンテンツをわたし自身も作って協力したい、要は「作りたい」という衝動に駆られたわけなのです。

そっからがいろいろ長かったわけなのですが。どんなブログサービスを選ぶかとか、どんなブログを作ろうかとかね。

ですが「作りたい」という気持ちは折れることなく(萎えることはありましたが)どうにかブログ開設にこじつけることができました。

締め

これが"わたし"の「ブログを始めた理由」なのです。要は作りたいという衝動と、インターネットが好きだというのが理由です。

ところで、このような最初に生じた動機、つまり初心は、大事に心に留めておくことをオススメします。紙やブログに書き残したほうがいいかもしれません。

なぜなら、時間が経つなつれて目的や行動がズレて道に迷うことがあるからです。

そのときは、さきほど残した初心が役立ちます。初めてブログを始めた動機や目的を思い出せば、自分が進べき道、目指す目標が見つかります。

それではわたしも、より良いインターネットライフのためにブログをぼちぼち書いていきたいと思います。

そして最後に、実はもう1つ隠れた理由もあるのですが、それは秘密です。

スポンサーリンク