納豆、Web、雑記など

小金屋食品の『黄金納豆』と、納豆に山椒を入れることにハマっています

世界共通で価値があるもの、それは「金」です。

金は美しく黄金色に輝きます。その色自体にも価値があるように感じます。

つまり黄金色には、高級な感じといった特別を感じるわけですよ。

そんな黄金色に輝くたれが付いた納豆が大阪にはあります。

それが小金屋さんの、その名も黄金納豆です。

スポンサーリンク

小金屋食品「黄金納豆」

小金屋食品「黄金納豆」

小金屋さんの納豆は、以前にも「なにわら納豆」を紹介しました。

今回の納豆の特徴はたれです。

この黄金納豆の「黄金」とは「たれ」のことで、白しょうゆベースのオリジナルのたれが付属しています。

このたれが黄金色なのです。なので黄金納豆。

たれの味は白しょうゆならではの甘味があるたれ。感じ的には上品な味わい。

京あたりで出てきそうなあん掛け料理の、とろみ部分の餡(あん)の味を、たれとして凝縮した感じと言えば伝わるような気がします(笑)

納豆の豆は北海道産すず丸大豆。国産ならではの甘味がある美味しいお豆。

柔らかく小粒な豆なので、たれとよく馴染みます。

全体的には上品な味わいの納豆です。ほんのりとした甘味とうま味があり、とっても美味しい納豆。

京料理みたいな味わい……というのとは、ちょっと違う気がします。感覚的は大阪と京都の間を取ったような味です。

この納豆はそのままでもご飯でも合いそうな味です。わたしはご飯と一緒に食べました。ごちそうさまでした。

リンク:小金屋食品株式会社

スポンサーリンク

最近、納豆に山椒を入れることにハマっています

最近、納豆に山椒(さんしょう)を入れることにハマっています。なぜかと言えばウマいからです。

けっこう合うというのは以前から知っていました。某公共放送の料理のがよく出た朝の連続テレビドラマでも、納豆と田舎みそと山椒の佃煮を混ぜた料理が出てきます。

山椒は、実はわたしの父親の好物の一つです。そこから山椒の実を粉末状にしたものを貰ったので、それを納豆にかけてみたという事なのです。

その山椒を掛けたものが、こちら

納豆に山椒を掛けた画像

……なんか、木くずか土が掛かっているようにしか見えません(笑)

正直、これは掛けすぎです。

これを混ぜたものが、こちら

納豆と山椒を混ぜた画像

山椒の量が多いので、水分をだいぶん持って行かれました(笑)

味はと言えば、山椒の爽やかな香りと納豆のうま味が重なって非常に美味。山椒の香り納豆の臭みを和らげ、ピリッとした辛さがクセになります。

本来は残暑厳しい時期に何となく入れたのが始まりです。山椒の味や香りは爽やかですものね。

もう暑さも落ち着いてきそうな感じですが、納豆に山椒を山のようにかけて食べることは、まだまだ続きそうです。

ちなみに、ここで使われている納豆は、こちらの記事で紹介したドラッグストア コスモスの「あじわい納豆 ON 365」です。

スポンサーリンク