納豆、Web、雑記など

発酵よく、屋台が目印の納豆、橋本商店の『飛騨納豆』

先日、岐阜の高山に旅行に行きました。実は、私の妻が非常に高山が好きなもので。春や秋などの旅行シーズンになると、ちょうどその時期は有名な高山祭もあって、「高山祭の時期やね~」とプレッシャーをかけてきます(笑)わたしの休みや費用との兼ね合いか…

とても力強いひきわり納豆、パントリー(大友商事)の『なっとうや ひきわり納豆』

わたしのブログでは納豆をよく紹介しているのですが「ひきわり納豆」はあまり紹介されていません。一つは妻が納豆の臭いが苦手なこと。もう一つは、わたし自身が中~大粒の納豆を好んで食べるからです。ひとくちに納豆といっても、大きく分けて「粒」と「ひ…

独特の味と触感がたまらない! だるま食品の『そぼろ納豆』

納豆は、その地域その土地で作られれ愛されている、いわゆる「ご当地納豆」が多く、と言うかほとんどがそうでありそんな納豆が大好きで、このブログでよく紹介しているのですがその地域独特の、郷土料理としての納豆もあります。

美味しいと噂の大粒納豆、成城石井の『大粒納豆』

成城石井ってありますよね。関西では2001年9月に梅田に初出店したそうです。ちなみに梅田とは大阪の代表的な繁華街で、IR大阪駅がある周辺です。JR以外の阪急・阪神・地下鉄も駅があるのですが、どれも「梅田駅」。なので関西人の多くは大阪駅周辺を「梅田」…

高橋食品の『近江納豆』と、“わたし”のハンドルネームを少し変えた話。

京都のご当地納豆屋さんで、わたしがけっこう目にする納豆屋さんに高橋食品さんがあります。会社の名前ではピンとこない方でも「鶴の子納豆」と聞けば「ああ~」とお分かりになるかもしれません。こちらの納豆屋さんは販売している種類もけっこうあって、個…

豆紀の『 国産中粒納豆』と、小池龍之介さんの「心に突き刺さった第二の矢を抜き去るために。」

わたしの活動範囲がどうしても小さいため、巡り合う納豆も実際は限られています。それでも、未知なる納豆に次々出会うので、納豆て素晴らしいなぁと感嘆しっぱなしですが(笑)それはさておき、今回紹介する納豆は、豆紀さんの納豆です。おそらく当ブログで…

滋賀県高島市のご当地納豆『みずくぐり』と、安曇川町の道の駅「藤樹の里あどがわ」

先日ですが、滋賀県のほうにドライブに行きました。目指した場所は道の駅。お米を買うのが目的です。お米はその年の出来き具合など味が変わったするので、有名な産地でも期待した味じゃなかった、なんてこともあるのですが。滋賀県で育ったお米「近江米」は…

大きさ違う三種の豆を味わえる、下仁田納豆の『一人前の味くらべ』

納豆で、ちょっとお値段が高い(といっても100円から300円ぐらいですが)モノの中で、トップクラスで有名な納豆は下仁田納豆さんではないでしょうか。味もさることながら、メディアへの出演など精力的に活動されている納豆屋さんで、関西の百貨店やスーパー…

写真と納豆の味わいがよい納豆、牛若納豆の『牛若納豆 極小粒』

以前、関西にも納豆発祥の地と言われている地域があるという話がありましたが、その京北に工場を持っている老舗の納豆屋さんがあります。「牛若納豆」さんと言うのですが、以前は「森口加工食品」という名前です。森口加工食品さんはこのブログでも何回か紹…

納豆の生産が盛んな山形県の美味い納豆、最上納豆(篠原商店)さんの『うまい納豆 大粒』

わたしと同じはてなブログで、izumihudousan2007’s blog 山形、庄内の日帰りグルメというブログがあります。こちらのブログでは、わたしの好きな「グルメ」「ドライブ」「道の駅」「猫」、そして「納豆」を紹介しています。タイトルに書かれていますように、…

カジノヤの『納豆職人 小粒納豆』と、最近かっぱ巻きが美味しいと感じるようになった話

暑い日が続きますね。こう連日猛暑が続くせいか、食卓にはさっぱりした酢飯関係のご飯がよくでてきます。巻きずし、いなり寿司、ちらし寿司にマグロ丼などなど…。夏場にはこういったものが美味しですよね。

北九州で地元に根ざした美味しい納豆、芳野商店の『身土不二納豆 福岡自慢』

最近、酷暑と忙しさから、外出の機会が減り、同時に納豆を買う機会にも恵まれていません。そろそろ禁断症状が表れたのか、ファミリーマートのおにぎり「枝豆チーズ」を「納豆チーズ」のおにぎりと見間違い、喜々として買いましたとも。まあ、おにぎりは美味…

カジノヤの『中粒納豆』と、卸値で買える大阪市天満の市場「天満市場」

最近、暑すぎる日々が続いていますが、いかがお過ごしでしょうか。暑いのと関係しているのかもしれませんが、先週、パソコンの調子が悪く、ブログの更新ができませんでした。「最低でも週一更新」を目指していたので残念です。現在は復旧しています。ですが…

全国納豆鑑評会で何回も受賞している納豆、エイコー食品の『極光』

以前、納豆の商品名でよく使われる「鶴の子」について書いた記事があります。この記事では「鶴の子」という名前が気になって書いたのですが、わたしがこの名前を気にするのに、昔から馴染みの深かったエイコーさんの鶴の子納豆をよく見たり食べたりしていた…

保谷納豆の『津軽中粒納豆』と、ふたたび納豆チャーハンにハマるという話。

堺北花田のイオンで生鮮食品もあつかう無印良品の話を前回したのですが、そこで「保谷納豆さんの納豆も売っている」という話をしました。その時は買わなかったのですが、違う食品売り場に行ったとき、再び保谷納豆さんの納豆を見つけました。近頃、関西でも…

加藤敬太郎商店の『塩納豆』と、ポテトチップス「納豆好きのための納豆味」を食べた話

以前、大阪府堺市にあるイオン堺北花田のリニューアルが終わったので、行ったのですが。そこで話題の、フロア面積が大きく、生鮮食品なども取り扱っている無印良品に足を運んだのですね。当然、納豆棚はチェックします。なかなかの品揃え。「炭火納豆」など…

アドバンスの『北海道産小粒納豆』と、コープの『北海道の小粒納豆』

わが家の最寄りのスーパーは、関西一円に幅広く店舗展開している「mandai(万代)」さん。とうぜん、万代の納豆棚は毎度チェックしています。この万代の納豆棚ですが、最近では「アドバンス」の納豆が増えてきました。最初にあったのは「ひきわり納豆」。こ…

マルキン食品の『元気納豆 つゆだく納豆』と、田丸屋のわさび漬けも納豆に合うという話

関西の万代というスーパーでは、九州熊本の納豆、マルキン食品さんの「元気納豆 九州本仕込み」を売っています。わたしもよく食べるのですが、先日、たまたま出かけた先で見つけたのが「元気納豆 つゆだく納豆」です。「九州本仕込み」以外の納豆を見かける…

野呂食品さんの『鎌倉山納豆』と、 コストコのオリーブオイルが納豆によく合った話

以前、「明治屋ストアー推奨品」の納豆、鎌倉山納豆こと野呂食品さんの「鎌倉すずまる」を紹介しました。今回はその「明治屋ストアー推奨品」の納豆を購入したので、そのご紹介です。その名も「鎌倉山納豆」、そのままです(笑)

小金屋食品の『しその香納豆』と、「大佛納豆」が「らほつ納豆」に(たぶん)変わった話

納豆と相性がよい紫蘇(しそ)。しそは納豆の香りをおさえ、また、しその風味が爽やかに香り、納豆が美味しく、食べやすくなります。なので、多くメーカーで、しそ風味のたれが付属した納豆が、販売されています。このブログで紹介した納豆にもいくつか、し…

納豆発祥の伝説と納豆餅がある京都市京北地域と、道の駅ウッディー京北の『わらつと納豆』

以前の記事で紹介しましたが、今年のゴールデンウィークは、京都を抜けて日本海の方にドライブをしました。ドライブなので、いつも通る道とは違う道を選択。選んだ道は国道162号線です。途中、茅葺(かやぶき)で有名な美山を通る、ドライブやツーリングコー…

陸と海の納豆が奏でる二重奏、二豊フーズの『あかもく納豆』

アカモク(学名:Sargassum horneri (Turner) C.Agardh)は、褐藻綱ヒバマタ目ホンダワラ科に属する海藻である。北海道(東部を除く)から日本全土の漸深帯(浅海)に分布し、朝鮮半島、中国及びベトナム北部にまで分布する アカモク - Wikipediaと、このよ…

たべきりサイズでふんわりモチモチ、小金屋食品の『糸物語 国産大粒』

わたしの同僚は毎週のように週刊の漫画雑誌を買ってきて、わたし自身も漫画が好きなのでよく読ませていただいているのですが。最近、少年マガジンで「化物語」が連載しています。西尾維新原作「化物語」。漫画は「エア・ギア」の大暮維人。西尾維新さんの作…

豆紀さんの『北の鈴』と、日本の原風景広がる快適な道「国道162号線」

ゴールデンウィークも最終日、みなさんどこかに行かれましたか?わたしはもっぱら仕事です。まあ、一日ほど休みをもらい、ドライブなどに出かけましたが。個人的にどこかに出かけるのが好きなので、休日は車や電車などで外出することが多いです。出来ればま…

アメリカ産有機大豆の美味しい納豆、高橋食品さんの『有機納豆』

オーガニック(organic )とは「有機の」などの意味ですが、日本では「化学肥料や添加物などを使っていない」という意味で使われていと思います。それがひいては「自然な」という意味やイメージにつながっているようなのですが、そんなオーガニックな有機栽…

小杉食品の『福豊納豆』と、いまさらながらの桜の写真

もう半月ほど前の話ですが、京都に桜を見に行きました。その途中、成城石井に寄ったのですが、そこで買った納豆が今回ご紹介する納豆です。あの「おちびさん」で有名な、都納豆こと小杉食品さんの納豆。三重県産フクユタカを使った福豊納豆です。

相沢食産の『枝豆納豆』と、最近は納豆を400回混ぜて食べています

枝豆と大豆が一緒の豆だというのは、けっこう有名な話です。大豆が未成熟な時に収穫したものが枝豆で、枝豆が十分成熟したものが大豆ですよね。さて、納豆の豆は大豆が多いのですが、同じ種類である枝豆でも理屈で言えば当然、納豆になれるはずです。このよ…

最近、納豆に対する味覚が以前とは変わってきた話

今回はちょっと雑談的な、わたしが最近感じた話です。わたしは以前、納豆と卵は相性抜群と思っていて、記事にもしています。ですが、先日の牛若納豆の納豆を食べた時の衝撃たるや、卵が合わなかったのです。まあ冷静に考えたら納豆にも味の違いがあるので、…

しそのりタレ付きの食べやすい納豆、アドバンスの『しそのりタレ付き国産納豆』

アドバンスさんは関西一円で多くの店舗を展開している万代でしか置いていない納豆を作っているメーカーさんです。以前、こちらの記事でも紹介しています。そのアドバンスさんは以前はひきわり納豆しか無かったのですが、ついに新しい納豆を見つけました。そ…

相性抜群のロングセラー商品、あづま食品さんの『おろしだれ納豆』

納豆にはだいたいカラシが付いていますが、このカラシには納豆の臭みを抑える効果があります。つまり食べやすくなる。このような工夫は昔からあります。というのも昔の納豆は今よりかなり臭かったようです。なので「納豆を食べやすくする」という工夫は昔か…