納豆、Web、雑記など

鳥取とその周辺の道の駅と、はりやまの『ひきわり納豆』

写真:bibianagonzalez / Pixabay

前回の予告通り、日帰り旅行の話ですが。

今年のゴールデンウィークに行ったのは鳥取です。

そこに決まった理由は簡単で、以前に行った新温泉町の道の駅の海鮮丼がめちゃ美味かったこと。でもこれ、大事な要素ですよね。

当初はその新温泉町に行く予定でしたのが、あれよあれよという間の微変更につぐ微変更により、鳥取方面になりました。

行き先はツイッターでも写真をツイートしたこちら。

鳥取県東伯郡北栄町にある「コナンの家」とその周辺。と、そこまでにある道の駅です。

道の駅はわたし達の大好物のひとつ。ということで、まずわたし達が寄った道の駅を、ざざっと紹介します。

スポンサーリンク

今回(と以前)よった道の駅

トイレ休憩とか細かいのも入れて書いていきます。

山陰海岸ジオパーク 浜坂の郷

hamasakanosato.com

山陰の方に興味を持つようになったキッカケの道の駅。海鮮丼うまし!

他のメニューや、そば屋さんも興味あり。きっとまた行く。

あまるべ

michinoeki-amarube.com

さっきの「浜坂の郷」の前に寄った道の駅。前回の目的地のひとつ。

トレードマークは天高くかかった鉄橋「余部鉄橋」と、そこにある展望台「空の駅」。めちゃ絶景。

神話の里 白うさぎ

sirousagi.com

ここからGWの日帰り旅行。ここはトイレで立ち寄る。

わたしは車内で待機していたため店内は見てないが、駐車場は車でいっぱい。サーフィンの人多し。有名らしい。あとモサバーガーも有名。

大栄

www.michi-no-eki.jp

道の駅「大栄」。ここからコナン作者の資料館「青山剛昌ふるさと館」はすぐそこ。

なんと道の駅で初回(第1回)登録103駅のひとつ。ある意味、道の駅ファンにとっても聖地(かもしれない)。

参考記事:
www.gamf.jp

昔ながらの道の駅という感じ。野菜が新鮮で安い。とてもいい道の駅。露店で焼いていた肉が美味そうだった。

はわい

www.michi-no-eki.jp

道の駅「はわい」。有名なはわい温泉がある地。ちなみい「はわい」は旧町名の羽合町から。

アメリカのハワイ(ハワイ州ハワイ郡)とは姉妹都市提携していて(参考リンク)、ところどころにあるハワイ感。ハワイ、行ったことないけどね!

少し高台にあり、ここから見える東郷湖は超絶景。

きなんせ岩美

kinanseiwami.jp

鳥取東部にある道の駅。実はテレビなどでも紹介された有名な道の駅。

参考リンク:
☆きなんせ岩美 テレビ放送☆ | 道の駅 きなんせ岩美

ここは何と言っても魚。安い。とにかく安い。とても安い。わが妻驚愕の安さ。

あと前回の行きと帰りに寄った道の駅がありますが、そちらは割愛。

そして、さきほどの道の駅「きなんせ岩美」のすぐ隣に「フレッシュライフいわみ」というスーパーがありまして。

そのスーパーに売っていた納豆が、今回の納豆です。

今回は、はりやまさんの「ひきわり納豆」です。

スポンサーリンク

はりやま「ひきわり納豆」

はりやま「ひきわり納豆」

スタミナ納豆」で有名な鳥取県の納豆。人生初です。

製造者の株式会社はりまやさんのホームページを見ると、粒納豆とひきわり納豆(3パックと2パック)の2種類のみです。

hahaha-harimaya.co.jp

創業は明治10年。長いこと地元で愛されているメーカーさんです。

フタを開けてみると。平群商店さんのたれ・からし。そしてその下にひきわり納豆が見えます。

そのひきわり納豆は。こちれ。

はりやま「ひきわり納豆」の中身

見た感じ挽いた感が強いひき割り豆。香りは最初強めの納豆臭がしたかと思ったら、あとは案外ひかえめな香り。

そのまま食べてみると、大豆の甘みを強く感じられる味。噛めば苦味というかえぐみというか、いろんな味が複雑にからむ味。後から強い発酵の味。

糸引きまあまあ。粘りは弱め。粘度もひかえめ、だけど伸びしっかり。

全部混ぜて食べてみます。

たれの味の後に豆の味が絡み合い、複雑味の富んだ力強い味が広がり、後から発酵味が追いかけてきます。

関西の納豆とは、また違う味。スタミナ納豆と合うのかな?

これが鳥取の納豆かぁ…。

大変美味しかったです。ごちそうさまでした。

スポンサーリンク