わたしと納豆ごはん

納豆、Web、雑記など

ご飯がすすむ塩と麹の山形伝統の納豆、加藤敬太郎商店の『特選 塩納豆』

出会いました。塩納豆。山形で伝統的に食べられている郷土料理のひとつです。

以前食べたのは加藤敬太郎商店さんの塩納豆。今回はそのプレミアム版“特選”の塩納豆です。

ほんまね、まさかね、この納豆に普通に出会うなんて夢にも思っていませんでしたよ。

出会った場所はパントリー住道店。やっぱパントリーは関西の納豆好きにとっての救世主や!

いやね、この塩納豆は百貨店とかでも見たことあるのですよ。

でも普通に寄ったスーパーにあるなんて、なんてステキなのでしょう。

ほんとうは前に書いた記事のとおり「なっとや納豆」の小粒を買いに来たのですけど、こちらを衝動的に買っちゃいまいた。

その記事:

そんなワケで、今回の納豆は加藤敬太郎商店の「特選 塩納豆」です。

加藤敬太郎商店「特選 塩納豆」

加藤敬太郎商店「特選 塩納豆」

三角の形が独特のこちらの塩納豆。特選の文字が光ります。

裏には原材料が書かれていて

「特選 塩納豆」の原材料名が書かれている裏の画像

『天明納豆、麹、こんぶ、塩(海の精)』だけというシンプルな材料でできています。

天明納豆とは、加藤敬太郎商店のプレミアム系納豆。塩の「海の精」は伊豆半島で天日と平釜という昔ながらの製法で作られた、海水100%の天然塩。

こだわりの材料を使っているため特選。以前たべた塩納豆の高級版です。

関連記事:

ちなみに商品に値引きシールが貼っていますが、わたしが見たときた全品に値引きシールが貼っていました。

どうやら今回の在庫や入荷はもうなさそうな感じです。時期を外せば出会ってなかったかもしれません。

では開けてみます。

商品はうまいこと三角形にまとめていますが、ほどけば一つの長方形のビニール系の袋。

封を切り、小鉢に入れたものがこちら。

「特選 塩納豆」の中身の画像

納豆、麹、こんぶの三位一体です。

ふわっと香る納豆のかおり。粘りや糸引きは納豆ほどありませんが、「あん(餡)」のような“とろみ”があります。

一粒たべれば豆やわらか、でもしっかり。豆味も豊か。

その粒に麹の甘みと風味、それと昆布の旨味がつつみ、口の中いっぱいに広がります。

それらの味を引き立ててるのが塩。カドがない天然塩が全体の味をまとめ、まろやかに底上げしてくれます。

これはもう確実にご飯に合います。何杯でもいけそう。美味い

栄養も塩分も摂れるので、これからの暑い時期にぴったりかもしれません。

たいへん美味しかったです。ごちそうさまでした。