わたしと納豆ごはん

納豆、Web、雑記など

おいしくてキレイな納豆、菅谷食品の『つるの子納豆』

めっきり寒くなってきましたね。関西でも朝起きる時、ふとんから出にくくなってきました。

冬眠が恋しくなる季節です(笑)

そんな日々が続く先日、妻がこのような本を見つけてきました。

体にうれしい 藤井恵のまいにち納豆
体にうれしい 藤井恵のまいにち納豆
納豆を楽しみ、健康効果を実感している大人気の料理研究家・藤井恵さんの日々の暮らしから生まれたレシピ。
作者:藤井 恵
※Amazonアソシエイト

「体にうれしい 藤井恵のまいにち納豆」という本です。内容全て納豆のレシピです。

藤井恵さんを、わたしは存じてはいませんてしたが、キユーピー*13分クッキングなどに出演されている有名な方のようです。

ひと通り目をとおしましたが、気になったのは「砂糖」。

北海道や東北の一部で納豆を砂糖と醤油で食べる習慣があります。先程のレシピにも納豆チャーハンなど数種類で砂糖(と醤油)を使うものがあります。

納豆と砂糖の組み合わせは知っていまし、実際試したこともあります。このブログの初期の記事にも書いています。

関連記事:

で、今さらなぜ砂糖が気になるかと言えば、隠し味的に納豆に砂糖を少量まぜてみると、どうだろう?という事です。

ひょっとしたら納豆が、もっと美味しくなるのではないか? 北海道や東北で砂糖を加える場合も、実は少量だという話ですし。

いろいろ量を調整すると、さらなる美味しさに出会えるかもしれません。

スポンサーリンク

それはさておき、今回ご紹介する納豆です。

以前、「つるの子」という名称の納豆をよく見かけるという記事を書いたのですが。

関連記事:

その「つるのこ」と書かれた納豆を見つけました。

それが今回の納豆、菅谷食品さんのつるの子納豆です。

菅谷食品「国産大粒 つるの子納豆」

菅谷食品「国産大粒 つるの子納豆」

全国納豆鑑評会の第20回(2015年)において、最優秀賞である農林水産大臣賞を受賞した納豆。メーカーのホームページにも売れ筋ナンバーワンと書かれています。

豆は大粒で、淡い肌のような黄土色。少し赤めの目がある大豆

というか、とても綺麗な大豆です。見てください。

つるの子納豆 容器の中

もっと上手く写真が撮れれば…(泣)

ここまでキレイな納豆、めったにお目にかかりません。

プレーンの豆は歯ごたえしっかりで、甘みあり。ふわっとつつみこむような発酵味。苦味や雑味などはありません。

混ぜます。粘りよし、糸引きよし。粘度は、ほどほどによし。

たれ(ちば醤油)からし(芥子屋四郎)付き。

たれもからしも全部混ぜて食べます、

旨味たっぷり、大粒ならではの食べ応えありと思いきや、さくさくと噛みやすく喉を通る。食べやすい。とけるかのよう(これは言い過ぎ 笑)

たれとからしの相性も抜群。美味

旨味・甘みがほんのりあり、雑味少ないすっきり味。そのままでもご飯でも、何でもいけそう。

受賞も納得の、たいへん美味しい納豆です。

ごちそうさまでした。

sugaya.co.jp

スポンサーリンク

*1:キユーピーの「ユ」て大文字だったのですね!知りませんでした。(参考リンク:90周年のキユーピーマヨネーズ 「ユ」が大文字の理由とは│NEWSポストセブン