納豆、Web、雑記など

大豆の美味さたっぷりの納豆、大豆カンパニーの『雪化粧』

寒いですね。

聞けば今季一番の寒さとか。ところどころで雪が降っているそうです。

この年になると雪を見たら「寒むそう」という感想しかありませんが、子供時代や青年時代では、あまり雪が降らない関西地域ということもあり、テンションがあがったものです。

特にわたしなどは雪遊びが好きだったもので、積もれば子供時代は雪合戦に雪だるま、青年頃はスキーやスノボーに出かけたりと、冬が一番アグレッシブに動いていました。

そして最近、「雪」という漢字がついた納豆と出会いました。

今回の納豆は、前回もご紹介した大豆カンパニーさんの納豆、雪化粧です。

スポンサーリンク

大豆カンパニー「雪化粧」

前回からの続きで大豆カンパニーさんの納豆です。

あまりにもの美味しさに驚愕しました。

今回は「雪景色」という納豆です。

大豆カンパニー「雪化粧」

この納豆の大豆は、大豆カンパニーさんが発掘した在来大豆。

名前がなかったので、ご自身で雪化粧という名前を命名されたそうです*1

参考リンク:
blog.livedoor.jp

豆は少し濃い目の茶色で大粒。普通の大粒より少し大きい感じ。極大粒という感じでしょうか。

最初、開けたにときに香る、いいにおい。大豆または納豆の香り。ここまで良い匂いがする納豆は初めてです。

豆は口に入れた触感はしっかり、噛めばやわらか。歯ごたえもっちりさくさく。舌触りなめらか。

そして味はうま味抜群。とくに大豆の甘みがすごい!

かめばかむほど広がる納豆のうま味甘味。

またまた、そのままで十分おいしい納豆。前回と同じです、素材の大豆がとにかくすごい。

たれ付きで、α-リノレン酸たっぷりの無添加「えごま」醤油タレ。

たれも混ぜて食べてみます。

甘みと旨味。特にほわっとしながら、口の中いっぱいに広がる美味しい甘みがすばらしい。大粒なので食べごたえも申し分なし。

それでいて、まるで雪解けのように口の中で溶けていくような味と食感。

品があっておいしい、べっぴんさんな納豆(青森県津軽地方の大豆なので「おなこよしな納豆」でしょうか?)です。

感動しました!ごちそうさまでした。

daizu-company.com


スポンサーリンク



*1:使われている大豆は、青森県津軽地方の飯詰で栽培されている「飯詰大莢」なのだそうです。(参考リンク:やっぱりうまいなぁ。。このところ最強の気配が漂う雪化粧をいただく。 : 七転納豆